那覇大橋

沖縄県のフレンドさんからいただいたギフトです。

那覇大橋ということなので、那覇市内にある橋なんでしょうね。

沖縄というと海のイメージが強いけど川沿いの橋のようですね。

調べてみたら現在は建て替え工事をしているようです。

結構古い橋なんですね。

https://www.google.co.jp/amp/098oroku.com/a10531603.html

平成30年夏頃から工事中のようです。

江戸城 大奥跡

皇居内の一般人が入れるエリア内に、あの「大奥の跡地」と書かれているポケストップがある。

大奥を題材にした何本もの映画や、ドラマが作られてきているが、現代の姿は・・・

建物があった痕跡すら感じられない、緑豊かな公園になっています。

ここで将軍様と、数々の女性との恋模様が繰り広げられたなんて思えないですね。

ちょっとエロスを感じました。

うずくまる女

東京駅・有楽町駅と皇居の間にある素敵な建物の中に置かれているオブジェです。

ヘンリー・ムーアさんが創られた「腰かける女」というタイトルのさくひんです。

箱根彫刻の森美術館に置かれていてもおかしくない、圧倒的な存在感がある、アート作品ですね。

金属系のアートは重厚感がある作品ほど好きですねぇ。

Marunouchi Brick Square SW Entrance

皇居二重橋から、有楽町駅方面に歩いて行く途中に一際目を引くカッコイイ建物が、この丸の内ビル。

プリックスクエア。

昭和から平成に変わり、一級建築士の姉歯物件事件があったり、新日鉄が鉄の強度を偽装してたり、あれやこれや、インターネットの普及により(?)今までは闇の中にあった情報が公表されるようになった。好評なのか、知られるようになったのかは疑問ですけどね。

丸の内パークビルディングや赤煉瓦造りの三菱一号館美術館に隣接する空間「プリックスクエア」のメインゲートです

丸の内パークビルディングや赤煉瓦造りの三菱一号館美術館に隣接する空間「プリックスクエア」のメインゲートです

姉歯物件は大規模な地震が来たら崩壊するなんて言われてましたが、東日本大地震の時に、姉歯物件が崩壊したって話は聞かれなかったですね。

もう建て替えられていたのでしょうかね?

本当に事故にならなかったのは、少なからずの救いですね。。

そういった過去の反省から作られている、平成後期の建物は自然との融合が出来ていてカッコイイです!

あと丸の内は地上より地下が凄いです。

もし、上京して、東京駅から皇居に向かわれるなら、地上コースと、地下コースの両方を体験していただきたいです。

地下コースでも東京駅界隈はGPSが入るようなのでポケモン捕まえられますよ~!

Tokyo – Entrance of the Imperi

平成が終わり、今日から令和の時代に変わる。

せっかく東京に住んでるんだし、この国1番のお祭りである改元の瞬間に天皇陛下のお側近くで、同じ空気を触れたいと思い皇居へ。

二重橋を拝見してきました。

ポケモンのミュウツーのレイドバトルがやってるのか?ってくらいの人の多さでした。

日本人でも、関西弁、博多弁、東北弁などが聞こえてきましたし、外国の方々も大勢いらっしゃり、英語、フランス語、ポルトガル語、中国語、韓国語らしき言葉も聞こえてきました。

日本のマスコミがたくさんいてましたが、外国メディアの方もたくさんいらっしゃいました。

日本人として、改元の瞬間に、東京のど真ん中で立ち会えたことは非常に思い出深き出来事でした。

地方出身の田舎者としては、教科書の中でしか知らなかった世界が目の前にあるのは誇らしいです。

とか言いながら東京に住んで20年経つが皇居に初めて行ったのは、去年2018年の暮れが初めてなんですけどね。

もし、まだ皇居に行ったことがない方は、ぜひ一度皇居に訪れてみてくださいませ!

二重橋から東京駅、二重橋駅に向かう途中の公園で、令和と平成混じりの工期案内看板がありました。

平成31年の計画で、令和に工期完了なので、表記としてはまったくもって正しいのですが、2つの元号が並ぶなんてなかなかみ!見られない光景なので非常にレアです!